<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

2010年菜之二 Japanese New year's food - osechi -

呀,这几天真的好冷哦〜
大白熊会高兴得哭起来,激动得流泪哟〜
新年过得怎么样?
现在我家阳台已经变成冷冻室了。
在这儿应该能养白熊吧!哈哈哈〜
咳!让你看看,就是这样的情况…!

100106_snow.jpg
窗户玻璃上全是冰的风纹,形成的自然绮丽的磨沙纹路。
嗨…自然真伟大哟…好美好漂亮…

于是,啤酒、葡萄酒、清酒…什么都能冷藏收拾,多么方便!
生活在东京的话,可就没有那么方便的天然冰箱了。
当然,
做好的年菜放在阳台上就可以了,即使做了很多种也不要担心,完全没问题!

感谢你今天的光临。

接下来,连续前几天的内容,介绍年菜吧。
上次介绍的是御节(osechi),今天的是OSECHI的“啦啦队2010版”!
先说,松花蛋豆腐〜
深黑的小点是法国的红酒盐。
把盐撒在切成小方块的豆腐上,就这样吧。
直到没有了水分,差不多就OK了,那么简单!
最后,把自己做好的姜汁调料或别的盐,蘸着吃也是好。

100106_osechi1.jpg

再说一下别的吧。
《东坡肉之日本风》(因为是日本人作的…哈哈)。
下一个,《筑前煮》、《盐烤小鲷》、还有《橙香鸡肝》…诶?这个以前已经介绍过的啊!
这是因为当时手上没有新鲜迷迭香,所以啦,好像有点欠缺美味的渲染力。

100106_osechi2.jpg

其他的意大利菜
OSSO BUCO WITH MUSHPOTATO
LASAGNA
CROSTINI
等等…

这样那样地分开行动,在两个不同地方同时做着新年料理…
说实话,此时出现了最悲惨的事!
我们的小仆仆…哭…它终于崩溃了⋯⋯
(小仆仆是food processor)
啊啊…,今年还要把备品继续加强呢…。

后天将要介绍的是,让大家久等了,久违了的〜甜品哟〜♪


いや、ほんとに
シロクマも涙を流して喜ぶ極寒になっております、こちらですが、
みなさん、ご無事に新年を迎えてらっしゃいますか?

こちらの家の作りの特徴として『陽台』という場所があります。
日本語にするとベランダって事になるのですが
外側に突き出した言わばサンルームのようなものです。
普段は洗濯物を干したりですね…っていうのはいいんですが
この季節になると大きな冷蔵庫,チルド室に早変わりしてましてですね…
あ、こんな感じに…

窓際にビールを並べておくと
あっという間にちべたーいビールが出来上がります。
窓全面に氷の風紋が、自然が作る磨りガラスですね。
(あ、これ、ちなみに部屋の中ですから…)
自然が作る美しさは凄いの一言ですね。

ですので、
ビールもワインもドンドン収納可能です。
冷蔵庫はもはや、凍らないための入れ物に化してしまう訳です。
ドンドンおせちを作りをしても、ここにドンドン置いておくだけで
全く問題ないのです。
その代わり、洗濯物は干すとあっという間にパリパリに…。

今日もおいで下さいまして有り難うございます。

さて、前回に引き続き今日もお正月のお料理のご紹介。
前回はおせちをご紹介しましたが
さて、今日は
おせちを取り巻いていた仲間達2010バージョンを
少しご紹介してみたいと思います。

鳩の松花蛋と豆腐をフィンガーフードに
仕立てました。
黒い点々に見えるのは
去年アンクルGからフランス土産に貰った赤ワインのお塩です。
お豆腐はキューブに切って食塩を振り
しばらく置いておくだけです、超簡単!
水切りが出来たところで出来上がりです。
後はお好みで生姜ドレッシングをかけてもいいでしょうし、
このようにまた別の食塩を付けてもいいですしね。
じゃ、続けてもうひとつ。
『日本風東玻肉』(日本人が作ったもので)

お次ぎは簡単にいきましょう。
ご存知『筑前煮』そして小鯛の塩焼き!
新鮮な小鯛をきれいに洗って塩を振り、寒風に当てて半乾きで冷凍し、
2日目にオーブンに突っ込んで焼きました。

『鳥レバーのバルサミコオレンジ煮ローズマリー風味』。
(ありゃ、なんて長い名前でしょ!)
フレッシュローズマリーが手元になかったので
見た目が少し寂しくなりました…。

『牛脛の煮込みとマッシュポテト』
『ホーレン草とラグーのラザニア』
『クロスチーニ』
などなど…です。

てな感じで日々2カ所に分れ
コツコツと正月料理を作っていたdnyn組ですが
と、そこで悲しい出来事が!
フードプロセッサーがとうとう壊れてしまったのです。
ああ…。
今年は新たに備品を強化せねば…。

お次は,いよいよデザートの登場ですよ〜!

| 主菜 main dishes | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開留言:

TRACKBACK URL

http://dnyn.blog126.fc2blog.us/tb.php/133-e60be545

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>